病院長挨拶
トップページ > 病院案内 > 病院長挨拶

病院長挨拶

本院の所在する吉賀町は、島根・山口・広島3県の県境にあり、山陰と山陽を結ぶ交通の要衝として発展してきました。したがって、医療圏は吉賀町民を主体に県境を越えた近隣市町村と幅広く、救急を含む多数の外来・入院患者様の健康回復のお手伝いをさせて頂いております。

本院は昭和56年5月の開院以来、1.Patient(患者様第一)、2.Peace(安心・安全な医療・看護・介護の実践)、3.Progressive(日々医療技術・知識の研鑽に努め、地域医療に貢献)の“3P主義”をモットーに、職員が一丸となり地域社会への奉仕、「初心忘れず」医療の公益性の確保と地域への適正医療の提供、地域に根ざした医療の実践に努めてまいりました。
  平成13年4月に島根県内で初めてとなる特別医療法人に移行し、平成21年1月には社会医療法人に移行し、益々中核病院としての責任と自覚を持ち、また“人材”を“人財”と考え様々な奨学金制度や研修制度を設け、“人財”育成にも積極的に取り組んでおります。

また、平成23年11月には介護療養型老人保健施設へ病棟を転換し、医療ならびに介護を提供しております。

当病院がさらに発展し、地域医療・看護・介護に貢献することをお約束しつつ、ご挨拶にかえさせて頂きます。

病院長 谷浦博之

【院長履歴】
1983島根医科大学卒業(2期生) 島根医科大学第2外科研修医
1984島根医科大学医学部助手(外科学講座Ⅱ)
1987麻生飯塚病院勤務
1990島根医科大学医学部付属病院助手(第2外科)
島根医科大学医学部助手(外科学講座Ⅱ)
1992千代田中央病院 外科部長
1993同病院 副院長
1995 医学博士号取得
加藤病院 副院長
1996六日市病院 副院長
2004同病院 院長
2011介護療養型老人保健施設 六日市苑施設長兼務
ページのトップヘ戻る