六日市苑ブログ
  • アーカイブ
  • カレンダー
    8月 2019
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    ブログカテゴリ
    過去の記事
    旧サイト記事
  •  病院外来受付のご案内

六日市苑ブログ

トップページ » 六日市苑ブログ

理事長就任のあいさつ

2019年07月30日

               社会医療法人石州会 理事長 谷浦博之

 令和元年6月26日に開催されました、本法人理事会におきまして、重冨亮前理事長の後を継ぎ、若輩ながら理事長に就任いたしました。我が国の社会保障制度の大きな変革期を迎えているこの時期に理事長の職に就くにあたり、その責務の重さを痛感しております。

 当施設は、昭和56(1981)年5月11日に故重冨克美氏により開設された「六日市病院」に始まり、平成13(2001)年3月に特別医療法人石州会、平成21(2009)年1月からは社会医療法人石州会と変化を遂げながら、当地域の医療の一端を担ってまいりました。

 私は、平成8(1996)年10月に副院長として当院に赴任し、平成16(2004)年4月より病院長を拝命いたしました。早いもので、当地に住んで23年が過ぎ、当地で育てていただいた3人の子供達は、それぞれに巣立ち、そしてそれぞれの家庭をもち、私は今では5人の孫をもつ「じいじ」となりました。当法人の管理者としてだけではなく、23年間暮らしてきた住民のひとりとして、当地には、現状の医療機能を持った医療施設はなくてはならないものだと考えております。

 現在、我が国は人口減少、超少子高齢社会、経済成長の停滞などから、今後、社会保障制度を現状よりもさらに厳しくしていくと予想され、「医療」自体がこの変革の時代の大きなうねりの中にあるといえます。中山間地の医療の担い手である当法人のような施設は、このうねりの真っただ中に浮かぶまさに小舟のようなものです。この荒波を乗り越えるためには、医療介護の現状を当地域の皆様方にもわかりやすくお伝えし、そしてこの難局を一緒に乗り越えていただくようお願いしていくことが必要だと考えております。

 今後も当法人は変わることを恐れずに成長(GROWING UP)し、地域医療を担うという使命を果たすべく努力する所存です。前任者同様、今後も更なるご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

[この記事を読む]


六日市苑広報誌【あさす】令和元年7月号が発行されました

2019年07月12日

《PDFファイルダウンロード》

[この記事を読む]


六日市苑広報誌【あさす】令和元年5月号が発行されました

2019年05月10日

《PDFファイルダウンロード》

[この記事を読む]


六日市苑広報誌【あさす】2019年3月号が発行されました

2019年03月15日


《PDFファイルダウンロード》

[この記事を読む]


六日市苑広報誌【あさす】2019年1月号が発行されました

2019年01月31日

《あさす第11号PDF版ダウンロード》

[この記事を読む]


こばと保育所 ハロウィン仮装行列

2018年11月21日

平成30年10月31日(水)、六日市病院付属こばと保育園児のみなさんがハロウィンの仮装をして施設内各所をまわりました。また、外来ホールでは可愛いダンスを披露してくれました。


[この記事を読む]


六日市苑広報誌【あさす】第10号が発行されました

2018年11月07日

《あさす第10号PDF版ダウンロード》

[この記事を読む]


六日市苑広報誌【あさす】第9号が発行されました

2018年08月23日

あさす第9号PDF版ダウンロード

[この記事を読む]


六日市苑広報誌【あさす】第8号が発行されました

2018年06月28日

あさす第8号PDF版ダウンロード

[この記事を読む]


よしか・夢・花・マラソンに救護班として出動しました

2018年05月29日

4月29日。爽やかな空のもと、よしか・夢・花・マラソンが開催され、「救護班」の出動も今年で7年目となりました。

今年は、日本ACLS協会の理事長・境田先生、理事・橋本先生が特別に救護班に加わり、六日市病院の職員とNPO法人六日市ECC協会のインストラクター、総勢23名がコース内6か所の救護所を分担し、ランナーの緊急事態に備えました。

今年は、いち早く傷病者のもとへAEDを届けられるよう、機動力のある自転車部隊を結成し、本部が用意してくれたトランシーバーを有効に活用することで、情報の一元化ができ、救護班の動きはとてもスムーズなものとなりました。マラソンの終盤では「胸が苦しい」と倒れられたランナーの方がおられましたが、大事には至らず、安静のまま救急車で病院に搬送されました。今大会も大きな怪我や事故もなく無事に終えることができました。

また、こちらも今年で7年目になる町内中学生(教員も含む)に対してのハートセイバーCPRAEDコースも継続していく重要性が増しています。このマラソン大会だけではなく、心肺停止になった方に対して即座に躊躇せずに心肺蘇生ができるような素晴らしい町づくりを目指して今後も活動していきます。

[この記事を読む]


六日市病院開院記念式典および第10回QCサークル発表大会が開催されました

2018年05月29日

平成30年5月11日、六日市病院開院記念式典および第10回QCサークル発表大会が、吉賀町民六日市体育館にて、吉賀町副町長 赤松寿志 様をはじめ多くの来賓の方々のご臨席のもと開催されました(来賓47名、職員140名、六日市学園43名 総参加者数230名)。

式典では、国境なき医師団 医師 安藤恒平 先生による『MSFの軌跡 ~物資調達の課題解決から、Humanitarianismの昔と今 その変遷~』をテーマとした基調講演、また併せて、沖縄県石垣島の医療法人 上善会 かりゆし病院の職員の方に『かりゆし病院における認知症高齢患者に対する取り組み~ユマニチュードの導入とスタッフの意識~』という招待発表をして頂きました。

 QCサークル発表大会では5チームの発表が行われ、最優秀賞は三階病棟による「テーマ:残業やめませんか?~三階病棟変革のとき~」が選ばれました。また、昨年に引き続き株式会社麻生 飯塚病院 特任副院長の安藤廣美先生より、『進化する組織を目指して~環境の変化が人を育てる~』と題した教育講演を頂きました。講演からは組織の進化とQCストーリーとの関連を学ぶことができました。

 このたびの記念式典、QCサークル発表大会が無事に終了できたのも関係部署ならびに職員のご協力があってのものであり、今後の記念式典およびQCサークル発表大会がさらに良いものになるよう皆で力を合わせていきたいと思います。

[この記事を読む]


六日市苑広報誌【あさす】第7号が発行されました

2018年05月23日

あさす第7号PDF版ダウンロード

[この記事を読む]


平成30年度 社会医療法人石州会 入社式を行いました

2018年04月26日

平成30年4月2日(月)、本年度の入社式が行われました。

谷浦博之病院長・施設長の挨拶の後、新入職員22名に辞令が交付されました。式では、入職者を代表して2F病棟配属の看護師・澄川麗菜さんが、医療人としての決意と抱負を力強く宣言しました。

 

入社式終了後、午前中は主に規程・規則の説明や部署説明など、午後は各所属部署に分かれてのオリエンテーションが行われました。

みなさん緊張している面持ちでしたが、一日でも早く職場に慣れて、今後活躍してくれることを期待しています。

 

[この記事を読む]


六日市苑広報誌【あさす】第6号を発行いたしました

2018年03月09日

六日市苑広報誌【あさす】第6号が発行されました。


あさす第6号PDF版ダウンロード

[この記事を読む]


六日市苑広報誌【あさす】第4号を発行いたしました

2017年11月27日

あさす第4号PDF版ダウンロード

[この記事を読む]



医療と介護で地域を支える
Copyright©2019 社会医療法人 石州会 All Rights Reserved.